ロードマップも注目!仮想通貨「mine coin(マインコイン)」最新情報!テレビ進出!?|Exchange_communication

ロードマップも注目!仮想通貨「mine coin(マインコイン)」最新情報!テレビ進出!?|Exchange_communication


本日はロードマップも注目の仮想通貨「mine coin(マインコイン)」の最新情報など役立つ情報を紹介していきます。

 

 

f:id:Exchange:20180611101130j:plain

ロードマップも注目!仮想通貨「mine coin(マインコイン)」概要

 

mine(マイン)は「仮想通貨が広く使われる世界」を実現するためのプロジェクトで、その通貨名がmine coin(マインコイン)です。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

exchange-communication.hatenadiary.com

 

ロードマップも注目!仮想通貨「mine coin(マインコイン)」注目のQ&A

 

皆さんの疑問についてMINE公式ツイッターが答えていたので紹介していきます。

 

Q1.MINEプロジェクトが提携する銀行はVISAのライセンスを持っていないという噂があります。

A1.100%否定します。私たちが提携する銀行はVISAデビットカードを発行することができます。

 

Q2.調達資金が多いICOは価値が下落しやすいのでは?

A2.MINEはマイニングファームの運営という、明確な価値の裏付けがあります。他のプロジェクトのように無意味に大きな資金を調達しているわけではなく、大部分がマイニングファームに投資されるため資金を有効活用することが可能です。

 

Q3.決済手数料5%は高いのではないか?
A3.決済手数料のうち、3.5%はMINEの追加発行に当てられるため、実質の決済手数料は1.5%です。法定通貨として利用できることを踏まえると決して高い水準ではないと考えています。詳しくはMediumをご覧ください。

 

 

ロードマップも注目!仮想通貨「mine coin(マインコイン)」最新情報

 

前回紹介したMINEの書籍についてテレビで連日放送されたとの発表がありましたので紹介します。

 

f:id:Exchange:20180618180918j:plain

日本のテレビでも連日MINEが紹介されています。千葉テレビ「シャキット」、神奈川テレビ「ねこひたプラス」、京都テレビ群馬テレビ、栃木テレビ

引用元:MINE公式ツイッター

 

ロードマップも注目!仮想通貨「mine coin(マインコイン)」まとめ

 

f:id:Exchange:20180530104905j:plain

今回はMINEの注目情報について紹介してきました。

mine coin(マインコイン)が千葉テレビ「シャキット」、神奈川テレビ「ねこひたプラス」、京都テレビ群馬テレビ、栃木テレビなど多数のテレビに紹介され、これでますます注目されますね!

今後の最新情報が楽しみですね!

今後もmine coin(マインコイン)に注目しておきましょう!

前衆議院議員『松田学 (松田まなぶ)』の最新論考を紹介!|Exchange_communication

衆議院議員『松田学 (松田まなぶ)』の最新論考を紹介!|Exchange_communication

 

今回は、前衆議院議員『松田学 (松田まなぶ)』さんの公式ブログより発表された論考について公式ブログを参照しながら紹介していきます。

 

 

f:id:Exchange:20180530112550j:plain

 

衆議院議員『松田学 (松田まなぶ)』さん概要

 

松田学(松田まなぶ)さんはこれまでにももっと、元日本維新の会、次世代の党所属の前衆議院議員という大きな経歴の持ち主の政治家でもあります。

現在は自民党に所属し活動しながらJupiter COIN(ジュピターコイン)のプロジェクトリーダーを務めています。

さらに東京大学大学院客員教授という、 経歴が凄すぎて想像力が追いつきません。

松田/学
1957年生まれ(横浜市港北区にて小中学校に通学)東京大学経済学部卒業、大蔵省入省(本省のほか、西ドイツ留学、税務署長、国税局査察部長、横浜税関総務部長、内閣審議官など)、財務省本省課長、東京医科歯科大学教授、独立行政法人理事等への出向等を経て、2010年政界進出のため退官。在官中より言論NPO理事、大学院客員教授等として活動。NPO「横浜ひとまちくらし研究会」理事、埼玉学園大学大学院及び横浜市立大学客員教授、国家基本問題研究所及び大樹総研等での活動などを経て、2012年第46回衆議院選挙にて日本維新の会より出馬し当選。

詳しくはこちら

exchange-communication.hatenadiary.com

 

衆議院議員『松田学 (松田まなぶ)』さんの最新論考紹介

 

松田学さんの公式ブログより、財政再建の秘策について論考が発表されていたのでご紹介していきます。

 

f:id:Exchange:20180618180050j:plain

永久国債オペの出口は政府暗号通貨~財政再建の秘策~松田学の論考

 

日本の財政を累積した国債から解放し、将来世代への負の遺産を解消する。そのためのバランスシート処理として、すでに「松田プラン」の内容を7回にわたりご紹介してきました(本ブログ【試論・松田プラン】その1~その7)。

 今回は、「松田プラン」にはきちんとした「出口」が用意され得るものであることについて述べたいと思います。実は、その答えは、いま流行りの「仮想通貨」を政府暗号通貨へと進化させることにあります。

●日銀保有の永久国債を政府暗号通貨で償還する

アベノミクスのもと、異次元金融緩和政策で日銀の保有国債は5年間で約320兆円積み上がり、18年3月末には約450兆円に達しました。その裏側で、日銀当座預金というマネタリーベースも320兆円増え、380兆円に達しています。

これを国と日銀を連結させた「統合政府」でみれば、1,200兆円を超える国の負債も、「純債務」ベースで100兆円あまりにまで縮小しています。

安倍政権が成し遂げたこの財政再建効果が後戻りしないよう、これを恒久化させるのが、日銀が保有している国債を、満期が到来するたびに、償還期限の定めのない永久国債へと乗り換え、これを日銀が永久保有することについて、政府と日銀がアコードを結ぶ「永久国債オペ」です。結果として、その分、政府の国債は日銀当座預金という、返済義務のない帳簿上の日銀負債に姿を変えることになります。

●永久国債が政府暗号通貨へと変換、流通されていくプロセス

日銀保有の永久国債の償還を通じて政府暗号通貨が発行されるという仕組みにすることによって、マクロ経済に中立的な政府暗号通貨の発行と、民間の自立的な選択を通じた市中マネーの多様化と、日銀保有永久国債及び日銀当座預金の縮小が、同時並行的に実現することになります。

●仮想通貨とは何なのか?~仮想通貨→暗号通貨が法定通貨となる日~

中央銀行が発行する法定暗号通貨ではなく、政府が発行する法定暗号通貨として検討していかなければ、日本がアベノミクスで到達した、せっかくの前人未到の地の利を活かすチャンスをみすみす失ってしまいかねません。

詳細はさらに論じて参りますが、今回はとりあえず、この点だけは強調しておきます。

 

引用元:松田学公式ブログ

ameblo.jp


更に松田学さんの動画もご紹介します。

 

松田学のビデオレター、第87回は「仮想から法定へ、暗号通貨の将来性」

チャンネル桜5月29日放映。

youtu.be

 

 

 

衆議院議員『松田学 (松田まなぶ)』さん論考まとめ

 

今回は松田学さんの公式ブログより発表された論考について紹介していきました。

とても斬新な発想で、政治の話だとは思えないくらい引き込まれました。

この様な発想ができる政治家は多くないと思います。

今後の松田学さんの活動に注目しましょう!

ロードマップも注目!仮想通貨「mine coin(マインコイン)」メインセール終了!|Exchange_communication

ロードマップも注目!仮想通貨「mine coin(マインコイン)」メインセール終了!|Exchange_communication

 

仮想通貨「mine coin(マインコイン)」が上場を記念し、メインセールイベントを行っていました。

 

今回そのイベント内容を、仮想通貨「mine coin(マインコイン)」Facebookの仮想通貨情報を元に皆様にお伝えしたいと思います。

 

f:id:Exchange:20180611101130j:plain


ロードマップも注目!仮想通貨「mine coin(マインコイン)」概要

 

mine(マイン)は「仮想通貨が広く使われる世界」を実現するためのプロジェクトで、その通貨名がmine coin(マインコイン)です。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

 

exchange-communication.hatenadiary.com

ロードマップも注目!仮想通貨「mine coin(マインコイン)」メインセール状況

 

仮想通貨「mine coin(マインコイン)」から発表された詳細をご紹介します。

Google翻訳を使って日本語に翻訳ましたので、不自然な日本語となっていますがご了承下さい。

 

f:id:Exchange:20180509171324j:plain

  • 5月27日メインセール開始!

私たちは5月27日からMINEメインセールを開始しました! ユーザー登録後、全員に送信された電子メールのURLから購入してください。

We have started the MINE Main Sale! Please purchase from the URL in the e-mail that has been sent to everyone after conducting the user registration.

 

  • 5月31日メインセール終了!

MINEメインセールは5/31 4:00に終了しました。 次回のメインセールまでの価格は上がり、購入可能なレートは今日終了します。

 

The MINE Main Sale has ended on 5/31 4:00 utc time. The price until the next Main Sale will be raised, and the rate for available purchase will end today.

 

ロードマップも注目!仮想通貨「mine coin(マインコイン)」注目仮想通貨情報

 

Facebookの仮想通貨「mine coin(マインコイン)」公式からのマイニング工場に関する動画がアップロードされました。

 

前回のラファエルさんの動画とはまた一味違う内容で楽しむことができると思いますので、ご興味ある方はぜひご覧ください。

www.facebook.com

ロードマップも注目!仮想通貨「mine coin(マインコイン)」ロードマップ

f:id:Exchange:20180611101108j:plain


ロードマップも注目!仮想通貨「mine coin(マインコイン)」まとめ


公式から、mine coinが開催した"メインセール"が無事成功を収め終了したとの発表がありました。


27日~31日までの期間でメインセールイベントは行われ、大反響だったとのことです。

 

今後のmine coinによるイベント販売情報などはまだ公式より発表されていませんが、mineの最新公式情報を入手次第こちらでも発表したいと思います!!

日本の国力を考える『松田学 (松田まなぶ)』政治家としての理念とは!?|Exchange_communication

日本の国力を考える『松田学 (松田まなぶ)』政治家としての理念とは!?|Exchange_communication

 

本日は、多くの政治に関する論文、本を著作している政治家『松田学 (松田まなぶ)』さんという人物についてご説明していきたいと思います。

彼の著書の中に「国力倍増論」という書籍がをあるのはご存じでしょうか…?

 

 

f:id:Exchange:20180530112626j:plain

日本の国力を考える『松田学 (松田まなぶ)』さん概要

 

松田学(松田まなぶ)さんはこれまでにももっと、元日本維新の会、次世代の党所属の前衆議院議員という大きな経歴の持ち主の政治家でもあります。

現在は自民党に所属し活動しながらJupiter COIN(ジュピターコイン)のプロジェクトリーダーを務めています。

さらに東京大学大学院客員教授という、 経歴が凄すぎて想像力が追いつきません。

松田/学
1957年生まれ(横浜市港北区にて小中学校に通学)東京大学経済学部卒業、大蔵省入省(本省のほか、西ドイツ留学、税務署長、国税局査察部長、横浜税関総務部長、内閣審議官など)、財務省本省課長、東京医科歯科大学教授、独立行政法人理事等への出向等を経て、2010年政界進出のため退官。在官中より言論NPO理事、大学院客員教授等として活動。NPO「横浜ひとまちくらし研究会」理事、埼玉学園大学大学院及び横浜市立大学客員教授、国家基本問題研究所及び大樹総研等での活動などを経て、2012年第46回衆議院選挙にて日本維新の会より出馬し当選。

詳しくはこちら

 

exchange-communication.hatenadiary.com

日本の国力を考える『松田学 (松田まなぶ)』さんの「国力倍増論」とは?

 


「国力倍増論」は、2014年8月30日に松田学さんによって執筆され書店やアマゾン等で現在も販売されています。
詳細は以下の通りです。

 

国力倍増論―もう大丈夫といわれる国にしたい

国力倍増論―もう大丈夫といわれる国にしたい

 

 

国力倍増論―もう大丈夫といわれる国にしたい
【目次】

第1章 ~序論 日本新秩序―日本の新たなストーリーを設計するー
第2章 アベノミクスは成功するか~次に来るべき「プランB」を考える~
第3章 どうする、日本の財政~消費税増税社会保障の国家選択~
第4章 高度情報社会と社会保障~国家基盤として必要な社会インフラの整備~
第5章 日本の新しい国づくり~世界の課題解決「三種の神器」~
第6章 繁栄の舞台を世界へ~黄金の国ジパング
第7章 新しい行政改革論~「官僚」の再設計~
第8章 国家再建を考える~新しい政治の軸と進化する保守~

 

 

松田学さんの政策への考え

 


これまでの日本の経済論として、「所得倍増論」「資産倍増論」など、多くの論文が本として出版されてきました。

 

しかし、現在の日本には「経済だけでなく国家の力を重視する」と考えられており、将来的にはこれまでのように国防力、人的資源、国際的な発信力だけでは不十分と言われています。


日本の国力を考える『松田学 (松田まなぶ)』さんの「国力倍増論」まとめ

 

f:id:Exchange:20180611100239j:plain

「もう大丈夫と言われる国にしたい」その論文を世に広める目的として、政治家『松田学 (松田まなぶ)』さんは「国力倍増論」を著書しました。


しかし、これは賛否両論な内容だと思われます。

けれどこの本を読んだ市場のレビューでは、「国会議員はこういった考えや分析が必要であり、また文章内容を読むのは実に簡単で分かりやすかった」という好評価も多く挙がっています。


松田学さんが書いた政治の論文だけでなく、松田さん自身も一人の政治家として世間から評価されているという事なのですね。

今後も松田学さんの活躍に期待したいですね。

見逃し厳禁!ICO「Jupiter COIN(ジュピターコイン)」のエグゼクティブアドバイザーとは?|Exchange_communication

見逃し厳禁!ICO「Jupiter COIN(ジュピターコイン)」のエグゼクティブアドバイザーとは?|Exchange_communication


「Jupiter Coin(ジュピターコイン)」は、ICOのサイバーセキュリティに特化した仮想通貨であり、多くの実績のあるメンバーが開発のために収集されています。

 

今回は、秀逸伊藤さんというエグゼクティブアドバイザーを担当しているスタッフをご紹介します。

 

f:id:Exchange:20180611095209j:plain


見逃し厳禁!ICO「Jupiter COIN(ジュピターコイン)」概要

 

Jupiterは、 元国会議員がプロジェクトリーダーを務めるICOプロジェクトで、通貨名が「Jupiter COIN」。

詳しくはこちらをご覧ください。

exchange-communication.hatenadiary.com


見逃し厳禁!ICO「Jupiter COIN(ジュピターコイン)」エグゼクティブアドバイザー紹介


伊藤秀俊氏

f:id:Exchange:20180611095227j:plain

 

伊藤氏はこれまでに多くの現場で活躍し、国際金融の領域でヘッジファンドプライベートエクイティ、コーポレートベンチャーキャピタル事業などを主に手掛けています。


また教育分野での実績もあり、早稲田大学経営大学院客員教授MBAコース)の資格も所有しています。

 


見逃し厳禁!ICO「Jupiter COIN(ジュピターコイン)」伊藤秀俊氏インタビュー紹介『Jupiter』プロジェクトにおける自らの役割とは?

f:id:Exchange:20180611095241j:plain



『Jupiter』プロジェクトにおける自らの役割について

「人的要因に着目し、AI(人口知能)を活用した内部管理システムを構築することで、サイバーセキュリティの新システムを完成させたら、日本だけでなく各国でその技術が必要になるでしょう。私自身、最近は海外国家プロジェクトとして位置付けられているインフラストラクチャー事業投資やアプリケーション開発に従事しておりますが、その中にも暗号通貨活用に積極的な国、地域、業種、新規事業があります。そうした海外事業においても、ICO以降は、中長期で『Jupiter』を採用・普及できるよう働きかけていきたいです。例えば、ある新興国では国家戦略として観光立国を目指しており、暗号通貨のユースケースとしてインバウンド観光客、地域住民に対する融資、決済を検討しています。サイバーセキュリティに強みを持つ『Jupiter』には適した事業領域です。今後そうしたプロジェクトでもユースケースが増加して行くことが予見されます。日本国内の資金決済法、金融商品取引法に準拠するだけでなく、G20新興国の規制と金融監督庁の動きを精査しながら、実施可能性を高めることができればと考えています。」

伊藤氏が、そもそも仮想通貨に着目したきっかけについて
「母校のStanfordのあるシリコンバレーでも暗号通貨での起業、ベンチャーキャピタル、エンジェルの活動が非常に活発です。学生や卒業生の間でもStanford Bitcoin Club等の研究会があり、私も最先端の暗号通貨関連の研究論文や特許を勉強する機会がありました。

最初にビットコインが実装したブロックチェーンはIT的にデータ構造や暗号理論からみると20年前以上のアーキテクチャーに立脚しており、結構古いなという印象です。コンピューターサイエンスでも離散数学は日々進化しており、フィンテックというバズワードでくくられたITに立脚した金融という観点でも、さらなるイノベーションにより今後はより便利な機能、性能が具備されて行くでしょう。

個人投資家の視点からは投機的な面白さもありますが、逆に業界としては成長期に入ったばかりで、国ごとの規制もばらばらで当局のガイドラインも未整備な点も散見されます。国際金融の業界と異なるのは、現時点では資金全体の規模が小さく、流動性の低さとトランザクションの少なさがあり、適用できる投資科学的手法にも限りがあります。せいぜいファンダメンタルやテクニカル分析程度で、取引所間のアービトラージュ、強化学習の応用なども未だ試行錯誤の状況です。

規制のない中で自己取引をしている可能性も高く、そうした研究論文も出ています。今後は、先物取引ETFを通じて本格的に機関投資家や世界的な投資家が参入してくると予想しています。そうしますと、価格推移や年末に向けた予測もこれまでとは異なってくるでしょう。今や人口知能がトレーディングをして競争相手も別の人口知能となっている現在の資産運用では、金融業界でもITやAIの知見、実装技術が競争優位性の確保には必須です」

伊藤氏は暗号通貨の現状と未来をどう捉えているのか
「暗号通貨全体の規模はまだほんのわずか。各国の規制や取引所の人的ミスが起ころうとまだイノベーションが先だという状態。G20でも規制をしすぎるには時期尚早という見解。

ただ、国際金融の業務から見るとから、オペレーションリスク、リーガルリスクを抱えています。国際的にも法制度が整っていません。もちろん、セキュリティもいい加減。どこの国でも取引所が色々な事故に巻き込まれています。まあ、本格的な成長期の前の過渡期なのでしょうね。特に日本は、投機目的の個人投資家がほとんど。雑所得が昨年末に発表されて多額の税金も取られるし、取引所も問題を起こすとあってどんどん投機熱は2018年に入って冷えてきています。

世界はどうかといえば、国ごとに対応が全く違います。フランス、ドイツは前向きですし、オランダ、スウェーデン、カナダなどは国家の暗号通貨発行を視野に、法整備や様々な調査をしています。
中国政府は海外の暗号通貨やCIOマイニングは全て禁止していますが、実は、暗号通貨関連の研究開発に関しては特許の出願数も取得数も2位のアメリカに比較するとダントツです。人民銀行も中心となり、全ての業種で適用を検討するなど、今や世界トップレベルの研究開発を進めている様子です。すでに欧州ではIT先進国エストニアが暗号通貨業界の普及に意欲的ですし、投資家もスイスに集結しています。

またバイナンスが移転を発表したマルタ共和国は、政権が世界の暗号通貨業界のメッカになろうと本気で法整備に取り組んでいます。私が言いたいのは、暗号通貨の事業をフィンテックとして捉えて、国際的な視点で見ないといけないということ。『Jupiter』プロジェクト日本発として開始していますが、ICO後は国際的な展開が必要になってきます。今後、セキュリテイや投資家保護が具備され、ETF先物取引等を通じて世界的な機関投資家が参入してくるとすれば、暗号通貨のマーケットは大きく成長していると思いますよ」

『Jupiter』には可能性があるのか
「『Jupiter』は内部セキュリティの解決にフォーカスしています。またホワイトハッカーの育成にも注力します。これは、人的な要因がサイバーセキュリティでの問題になっている現在、必要不可欠なものですし世界的にもユニークな取り組みです。フィンテックの世界は今後さまざまな技術や人口知能の活用が急速に広がっていくことでしょうが、やはりセキュリティが担保されていないと危なくて困ります。そういう意味では、『Jupiter』は技術的に完成すれば、競合優位性、社会的意義の高いユースケースがある暗号通貨の一つだと言えるでしょう」

 

引用元:ベンチャータイムス

 

venturetimes.jp

 

見逃し厳禁!ICO「Jupiter COIN(ジュピターコイン)」まとめ

f:id:Exchange:20180424105346j:plain


今回は、Jupiter COINのエグゼクティブアドバイザー "伊藤秀俊さん"をベンチャータイムズのインタビュー記事の内容を元にお話ししました。

 

そして伊藤さんはIBMの研究にも参加しており、スタンフォード大学院ではすでに工学部の修士号の資格までも取得しています。

マッキンゼーでビジネス戦略を学んび、2000億相当の企業の大型M&Aと事業再生、ターンアラウンド、ロールアップ等と、さらに東証一部の大企業で福社長を勤めた経験もあります。

このような幅広い視野とキャリアで伊藤さんを始めとした実績あるチームが開発したJupiter COIN。
今後の市場拡大も期待できますね。

大評判仮想通貨!「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(ワオー)」Bit-Zイベント速報!|Exchange_communication

大評判仮想通貨!「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(ワオー)」Bit-Zイベント速報!|Exchange_communication

今注目の仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(ワオー)」に関する情報が公式より発表がありました、今回はその詳細をお話しします。

 

f:id:Exchange:20180518093927j:plain


大評判仮想通貨登場!「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(ワオー)」概要

 

Wowoo(ワォー)はシンガポールで開発されている仮想通貨で、プラットフォームの名称であり、Wowooプラットフォーム上でやり取りされる仮想通貨がWobitになります。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

exchange-communication.hatenadiary.com

 

大評判仮想通貨登場!「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(ワオー)」最新情報


Wowoo公式サイトより発表された内容をご紹介します。 Google翻訳で訳しましたので、少し不自然な言語表現があるのはご了承ください。

 

f:id:Exchange:20180518094004j:plain


第2回Bit-Zキャンペーン!

Bit-Zの第2回WWBプロモーションが準備中であることをお知らせいたします。

下の期間の総WWB取引数量でランク付けされたトップ100のWWBトレーダーに報酬が与えられます!

期間:2018/06/08 15 : 00〜2018/06/15 15:00(UTC / GMT + 08:00)

報酬:1回目:20,000WWB、2回目と3回目:10,000WWB、4〜100 回目:1,700WWB

(※ユーザーは報酬を受け取るために必要なレベル3認定書)

競技の詳細については、Bit-Zの活動ページを参照してください。

 

2nd campaign on Bit-Z!

We are happy to announce that the 2nd promotion of WWB on Bit-Z is now under preparation.

The TOP 100 WWB traders ranked by total WWB trading volume under below period will be rewarded!!

Period:
2018/06/08 15:00 to 2018/06/15 15:00(UTC/GMT+08:00)

Rewards:
1st: 20,000WWB
2nd & 3rd: 10,000WWB
4th to 100th: 1,700WWB

(*Users are required Level 3 Certification to receive the rewards)

Please refer to the Activity page on Bit-Z for further information on the competition.

引用元:Wowoo公式サイト

 

大評判仮想通貨登場!「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(ワオー)」まとめ

f:id:Exchange:20180530114832j:plain


話題の仮想通貨「Wowbit(ワオビット)」が再びBIT-Zより公式のキャンペーンを発表しました。

現在仮想コインに参入、ICOで資本金を…とお考えの方は、この機会がチャンスかもしれません!!

ただし報酬を受け取る条件として、レベル3認定を受けてることが必要になります、その点だけご注意ください。

今後のWowbitの最新イベントにもご期待下さい!!

注目サポート取引所「Xtheta(シータ)」も参加の日本仮想通貨事業者協会の注目詳細情報|Exchange_communication

注目サポート取引所「Xtheta(シータ)」も参加の日本仮想通貨事業者協会の注目詳細情報|Exchange_communication

 

 

f:id:Exchange:20180530110537j:plain

注目サポート取引所「Xtheta(シータ)」とは

 

Xthetaとは、仮想通貨取引代行サービスを行っている取引所です。

詳しくは過去の記事を参照してください。

 

exchange-communication.hatenadiary.com

 

注目サポート取引所「Xtheta(シータ)」も参加の日本仮想通貨事業者協会とは?

 

一般社団法人日本仮想通貨事業者協会(旧 仮想通貨ビジネス勉強会)は、銀行・証券会社・金融商品取引業者が日本国内において仮想通貨ビジネスをはじめるにあたり、テクノロジー・会計・レギュレーション・商慣行などの面から、必要な情報の調査・研究、知見の集約、意見交換を積極的に行い、業界の健全な発展を目指すために設立された一般社団法人仮想通貨ビジネス勉強会を母体としています。
 平成28年12月に組織改編を経て、登録仮想通貨交換業者を正会員とする、自主規制団体を目指して活動しております。

f:id:Exchange:20180611092228j:plain

注目サポート取引所「Xtheta(シータ)」も参加の日本仮想通貨事業者協会の会員一覧

 

日本仮想通貨事業者協会には正会員17社、準会員23社、協力会員62社、計102社が参加しています。

 

下記参加企業一覧

 

正会員

 

準会員

協力会員

 注目サポート取引所「Xtheta(シータ)」も参加の日本仮想通貨事業者協会まとめ

f:id:Exchange:20180530110619j:plain

Xthetaも参加している日本仮想通貨事業者協会は、合計で102社も参加しています。

参加している企業は、有名な会社も多く、今後も増えていくと思います。

法律事務所など会員になっているので安心できますね。

今後もXthetaも参加している日本仮想通貨事業者協会には良い活動を期待していましょう。