「金融庁が仮想通貨取引所業者3社に行政処分」取引所Xtheta(シータ)は大丈夫?|Exchange_communication

金融庁仮想通貨取引所業者3社に行政処分」取引所Xtheta(シータ)は大丈夫?|Exchange_communication

 

f:id:Exchange:20180108224054j:plain

仮想通貨最新ニュース

 

金融庁が、FSHOなどみなし仮想通貨交換業者3社に対し、業務停止命令や業務改善命令を下したそうです。

FSHOは3月に受けた業務改善命令を実施しておらず、6月7日まで仮想通貨交換業にかかわる全ての業務停止を命じられ、LastRootsも業務改善命令を受け、エターナルリンクは代表取締役が利用者から預かった金銭を経費の支払いに充てるなど適正な業務運営がされておらず、6月5日までの業務停止と業務改善が命じられたようです。

金融庁の審査を通じて十分な管理体制を構築できないと判断したみなし業者6社がすでに正式業者としての登録申請を取り下げる意向だそうです。これにより安全にサービスを提供できる業者の選別が進んでいます。

f:id:Exchange:20180306182114j:plain

取引所Xtheta(シータ)は大丈夫?

今回もXthetaの名前は出ませんでしたが、心配の方も居ると思うので次の項目で説明していきます。

Xthetaについてはこちらの記事をご覧ください。

exchange-communication.hatenadiary.com

 

Xtheta(シータ)安心のセキュリティ

f:id:Exchange:20180130045218p:plain

Xthetaのセキュリティで特出すべき点は下記になります。

 

  1. SSL証明書は、国際規準の「Web Trust認定」を取得

  2. システムコントロールの分離管理

  3. 2段階認証

  4. コールドウォレットで管理

     

他にもセキュリティに力を入れているので、金融庁からも言われないと思います。

 

Xtheta(シータ)仮想通貨最新ニュースまとめ

 

今後も金融庁も厳しくなり、安心して取引できる所しか残れないと思いますが、Xthetaは最後まで残れる取引所だと思います。

安心して取引したい方は登録してみてはいかがでしょうか。

 

注目仮想通貨「Wowoo(ワォー|Wowbit)」とは?OKWAVEとの関係は?特徴紹介|Exchange_communication

注目仮想通貨「Wowoo(ワォー|Wowbit)」とは?OKWAVEとの関係は?特徴紹介|Exchange_communication

現在仮想通貨で注目を集めている「Wowoo(ワォー|Wowbit)」とは何かを紹介していきます。

 

f:id:Exchange:20180412175909j:plain

Wowoo(ワォー)とは?

Wowoo(ワォー)はシンガポールで開発されている仮想通貨で、プラットフォームの名称であり、Wowooプラットフォーム上でやり取りされる仮想通貨がWobitになります。

「感動の可視化」を実現しようとしているWowooのプロジェクトは仮想通貨のブロックチェーンと非常に相性がいいと言われています。
その理由としては、Wowooが発行するトークンには投票機能がついており、感動的な成果物を提供した人に対して投票の機能を使って感謝の気持ちを表すことが可能だからです。
仮想通貨はモナコインのようにわずかなコストで投げ銭を行うことができ、芸術や業績、作品といった経済的な価値をつけにくい分野においても感謝・感動の気持ちを伝えることが可能となります。
この結果、芸術家などが寄付などに依存することなく、作品を作ることで感謝されながらも報酬を得ることが可能になるというモデルケースが生まれる事を期待されます。

Wowoo(ワォー)特徴

 

Wowooの主な特徴は、下記になります。

・準備金制度

・特別決議機能

 


Wowoo(ワォー)ロードマップ

 

Wowooのロードマップはこちらになっています。

2018年第1四半期:Wowooトークンセール、システム開発
2018年第2四半期:Wowooシステム開発
2018年第3四半期:Wowooサービス本格リリース
2019年第3四半期:WowooのプラットフォームのAIサービス開始
2019年第4四半期:Wowooエコシステム成長加速

 

Wowoo(ワォー)仮想通貨注目情報

Wowooは、下記の3つの情報で注目されているようです。

・ロジェー・バー氏がWoowooプロジェクトを絶賛
・国内最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」が出資
・NEOの創業者・CEOであるDa Hongfei氏がアドバイザーとして参戦

 

f:id:Exchange:20180412175909j:plain

Wowoo(ワォー)国内最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」が出資

日本最大級のQ&Aサイトである「OKWAVE」を運営している株式会社オウケイウェイブは子会社を通じて、このプロジェクトに出資をしているのです。

あのOKWAVEが出資するほど期待しているという事ですね。

 

Wowoo(ワォー)参加・購入方法

 

気になるWowooのICOは、NEOのプラットフォームに移行するため、現在実施は延期されています。

 

ちなみに、このICOは日本、アメリカ、中国在住の人は購入できないとのこと。

 

 

f:id:Exchange:20180412175936j:plain

注目仮想通貨「Wowoo(ワォー|Wowbit)」まとめ

 

Wowoo(ワォー)は「感動の可視化」の実現を目指す仮想通貨プラットフォームで、まだ実施されておりませんが、Q&Aサイト「OKWAVE」が出資、ロジェー・バー氏が絶賛、NEO創業者Da Hongfei氏がアドバイザー、などの注目する部分が他のICOとは比べ物にならないほど良いので皆さんもチェックしてみてはいかがでしょうか。

見逃し厳禁!ICO「Jupiter COIN(ジュピターコイン)」特徴・ホワイトペーパー情報まとめ|Exchange_communication

見逃し厳禁!ICO「Jupiter COIN(ジュピターコイン)」特徴・ホワイトペーパー情報まとめ|Exchange_communication

絶対見逃せないICO「Jupiter COIN(ジュピターコイン)」について書いていきます。

 

f:id:Exchange:20180412174319j:plain

「Jupiter COIN(ジュピターコイン)」とは?

Jupiterは、 元国会議員がプロジェクトリーダーを務めるICOプロジェクトで、通貨名が「Jupiter COIN」。

2018/3/11にグランドオープンし、2018/5/7から一般ICOセールが開催されます。


ホワイトペーパーを参考して、Jupiter(ジュピター)のICOプロジェクト内容などを書いていきます。


ジュピター(Jupiter)プロジェクトの目的

ジュピターのプロジェクトとは、「サイバーテロ」「内部からの情報漏洩」「ハッキング」など、現代の「情報化社会」で最も重要である、「秘匿性が高い情報を守る役目」「企業・国家の信用を守ること」などを目的としたサイバーセキュリティサービスを展開していくことが目的です。

ジュピターのプロジェクトは、年々増加傾向の情報セキュリティ産業において、独自ブロックチェーンを開発し、高品質のセキュリティサービスを提供します。

そのセキュリティ市場で支払われる決済・通貨をジュピター(Jupiter)コインで支払うことで、市場にジュピターコインが流通し、価格の安定・時価総額の向上をしていく事ができるようになります。

 

Jupiter(ジュピター)プロジェクトメンバー

ジュピタープロジェクトリーダーは、元衆議院議員の「松田学」さんです。

プロフィール
松田学

サイバーセキュリティの第一人者
東京大学大学院の客員教授
財務省官僚


Jupiter(ジュピター)の市場規模

サイバーセキュリティー市場は、費用が年間9兆円以上かけられる非常に大きな市場で、その市場にJupiterが参入します。


不正などが横行する中で、ブロックチェーンの技術が普及することで、世界の市場はより透明性が高くなり、人間の不正防止や抑制に効果が出てきます。これにより安全で健全な事業運営・国家戦略を実行出来るという事です。

f:id:Exchange:20180412174351j:plain

見逃し厳禁!ICO「Jupiter(ジュピター)」まとめ

 

現代社会では、サイバー空間・web空間でのリスクは徐々に高くなってきています。

ジュピターのICOプロジェクトは珍しく人工知能を使った「ブロックチェーン×セキュリティ」という分野なので競争力は高くないですし、ジュピターのプロジェクトが社会に必要なサービスを提供できれば、期待できるICOになるかもしれません。

見逃しは絶対厳禁なICOだと思います。

注目取引所「Xtheta(シータ)」のお勧め銘柄「カウンターパーティー」とは?|Exchange_communication

注目取引所「Xtheta(シータ)」のお勧め銘柄「カウンターパーティー」とは?|Exchange_communication

f:id:Exchange:20180409171432j:plain

カウンターパーティーとは

 

Counterparty(カウンターパーティー)は、略号がXCPの仮想通貨で、2014年1月に公開されました。

大きな特徴としては、独自のブロックチェーンを持たず、ビットコインブロックチェーンを利用しており、PoB(Proof of Burn)を初めて使用した通貨で、カウンターパーティとビットコインをつかって個人単位でも簡単にトークンを作り出せることです。

 

Proof of Burnの仕組みでは、XCPに価値を持たすのに、誰も使用できないアドレスに対してビットコインを送金して、送金されたビットコインに対応するXCPビットコインの送金者が保有すると考えるようです。

誰も使えないアドレスにビットコインが封じられているので、送金されたビットコイン分の価値がCounterpartyに移転するということです。

そんなカウンターパーティーを扱っている取引所はどこなのか?

 

カウンターパーティー取扱取引所

 

国内では「Xtheta(シータ)」と「Zaif」だけのようです。

お勧めはXtheta(シータ)ですね。

Zaifはトラブルも多く、業務改善命令が出されていたのでお勧めはできません。

 

f:id:Exchange:20180306182114j:plain

注目取引所「Xtheta(シータ)」とは

 

Xthetaとは、仮想通貨取引代行サービスを行っている取引所です。

詳しくは過去の記事を参照してください。

exchange-communication.hatenadiary.com

 

注目取引所Xtheta(シータ)まとめ

 

いかがでしたか?

カウンターパーティーは他の仮想通貨にない魅力がありますね。

Xtheta(シータ)はサービスが充実しているので、カウンターパーティー以外の通貨でもお勧めの取引所ですね。

 

 

仮想通貨評判比較|「シータ(Xtheta)」と「QUOINEX」評判・特徴を比較!評判が良いのはどっち?

仮想通貨評判比較|「シータ(Xtheta)」と「QUOINEX」評判・特徴を比較!評判が良いのはどっち?

f:id:Exchange:20180306182114j:plainf:id:Exchange:20180402143835j:plain

「シータ(Xtheta)」と「QUOINEX」評判・特徴を比較!評判が良いのはどっち?

最近は取引所も増えてきてどれがいいのか分からない方も多いと思います。

ではシータ(Xtheta)とQUOINEXどちらがいいのか、評判や特徴を比べてみました。

f:id:Exchange:20180306182114j:plain

「シータ(Xtheta)」

・取扱銘柄

ビットコイン(BTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
イーサリアム(ETH)
イーサリアムクラシック(ETC)
ライトコイン(LTC)
モナーコイン(MONA
リップルXRP
ネムXEM

カウンターパーティー(XCP

 

・取引手数料

5%

 

・セキュリティ

SSL証明書は、国際規準の「Web Trust認定」を取得

システムコントロールの分離管理

2段階認証
コールドウォレットで管理

 

・サービス

仮想通貨取引代行サービス

情報収集

レートのチェック・選定・提案

ユーザーに担当が付く

 

・評判

「とにかく親切」「情報収集しなくていいから楽」「レートも良いところを提案してくれる」「手数料が高い」「複数開設しなくていいから管理しやすい」などの評判が多かったです

 

f:id:Exchange:20180402143835j:plain

 

「QUOINEX」

・取扱銘柄

ビットコイン(BTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
イーサリアム(ETH)
リップルXRP
その他(QASH)

 

・取引手数料

0%

 

・セキュリティ

 マルチシグ対応

コールドウォレットで管理

出金依頼から完了まで4段階のステップを設置

 

・サービス

クイック入金が24時間365日対応している

LINEでの問い合わせにサポートが対応 

 

・評判

「日本円入金の反映が早い」「セキュリティが強力」「出金が遅い」「口座開設に時間がかかる」「操作画面が使いにくい 」などの評判が多かったです

 

 

f:id:Exchange:20180108224054j:plain

 まとめ

シータとQUOINEXを比べてみていかがでしたか?

どちらも良いところはありますが、全体的に見てシータの方が評判なども良いですね。

シータは手数料だけ見ると高いですが、その分以上に、セキュリティ、サービスなどが充実しているので初心者から熟練者までオススメな取引所です。

「Xtheta(シータ)とGMOコインの口コミ・特徴比較」仮想通貨取引所比較

 

「Xtheta(シータ)とGMOコインの口コミ・特徴比較」仮想通貨取引所比較

f:id:Exchange:20180326145616j:plain

GMOコイン特徴・口コミ

シンプルな販売所形式
レバレッジ最大25倍
アルトコインレバレッジ取引
手数料ゼロ
アプリ「ビットレ君」が便利

レバレッジ25倍は大きな特徴ですね。

GMOインターネットグループがやっているので話題になりましたね。

ですが、先日金融庁より業務改善命令が下りました。

これにより信用は少なからず無くしたようです。

f:id:Exchange:20180306182114j:plain

Xtheta(シータ)特徴・口コミ

仮想通貨取引代行サービス

レート調査+提案

情報収集+提供

担当が付く

今までにない取引所として話題になりました。

初心者向け取引所という印象が強いですが、最近では初心者以外にも高評価みたいです。

忙しい人は、毎日情報収集や、レートのチェックするのは大変ですよね。そういう人からXtheta(シータ)の評価が上がっているようです。

セキュリティ面も高いので、金融庁の許可も得ており、先日のニュースにも名前が上がりませんでした。

f:id:Exchange:20180212145901j:plain

まとめ

GMOコインは、先日のニュースでお勧めできる取引所ではなくなりました。

Xtheta(シータ)は安心して取引でき、熟練度問わずお勧めできる取引所です。

気になる方はXtheta開設してみてはいかがでしょうか。

 

仮想通貨「モナコイン」の評判・取扱い取引所は?Xtheta(シータ)では?|取引所Xtheta(シータ)情報

仮想通貨「モナコイン」の評判・取扱い取引所は?Xtheta(シータ)では?|取引所Xtheta(シータ)情報

f:id:Exchange:20180319155143j:plain

モナコイン評判

日本の掲示板サイト2ちゃんねるのソフトウェア板で、Mr.Watanabe(わたなべ)によって開発されている日本初の仮想通貨です。

匿名掲示板におけるチップ(投げ銭)機能として開発されました。

 

地味なコインと言われながらも、実は技術的にもしっかりとしたコインであり、コアなファンも多いモナコインです。

 

モナコイン取扱い取引所

ビットフライヤー

・ザイフ

・Xtheta(シータ)

まだまだ取扱いをしているところ自体少ないですが、取り扱っている取引所はセキュリティがいい取引所ばかりなので安心できると思います。

この中ではXthetaがおすすめです。

f:id:Exchange:20180212145901j:plain

ビットフライヤーはサービスのわりに手数料高いと思いますし、ザイフはセキュリティ面に若干の不安があると思ってます。

それに比べ、Xthetaはセキュリティ面はもちろん、手数料のわりに充実したサービス・サポートを受けれるのでこの中ではダントツでおすすめです。

価格が安定しているリップルなどと違い、モナコインは不安定な部分が多々あるので、情報などサポートしてくれるXthetaで取引すれば安心して取引できると思いますよ。

モナコインの購入を考えている方は、Xthetaで購入してみてはいかがでしょうか。