日本の国力を考える『松田学 (松田まなぶ)』政治家としての理念とは!?|Exchange_communication

日本の国力を考える『松田学 (松田まなぶ)』政治家としての理念とは!?|Exchange_communication

 

本日は、多くの政治に関する論文、本を著作している政治家『松田学 (松田まなぶ)』さんという人物についてご説明していきたいと思います。

彼の著書の中に「国力倍増論」という書籍がをあるのはご存じでしょうか…?

 

 

f:id:Exchange:20180530112626j:plain

日本の国力を考える『松田学 (松田まなぶ)』さん概要

 

松田学(松田まなぶ)さんはこれまでにももっと、元日本維新の会、次世代の党所属の前衆議院議員という大きな経歴の持ち主の政治家でもあります。

現在は自民党に所属し活動しながらJupiter COIN(ジュピターコイン)のプロジェクトリーダーを務めています。

さらに東京大学大学院客員教授という、 経歴が凄すぎて想像力が追いつきません。

松田/学
1957年生まれ(横浜市港北区にて小中学校に通学)東京大学経済学部卒業、大蔵省入省(本省のほか、西ドイツ留学、税務署長、国税局査察部長、横浜税関総務部長、内閣審議官など)、財務省本省課長、東京医科歯科大学教授、独立行政法人理事等への出向等を経て、2010年政界進出のため退官。在官中より言論NPO理事、大学院客員教授等として活動。NPO「横浜ひとまちくらし研究会」理事、埼玉学園大学大学院及び横浜市立大学客員教授、国家基本問題研究所及び大樹総研等での活動などを経て、2012年第46回衆議院選挙にて日本維新の会より出馬し当選。

詳しくはこちら

 

exchange-communication.hatenadiary.com

日本の国力を考える『松田学 (松田まなぶ)』さんの「国力倍増論」とは?

 


「国力倍増論」は、2014年8月30日に松田学さんによって執筆され書店やアマゾン等で現在も販売されています。
詳細は以下の通りです。

 

国力倍増論―もう大丈夫といわれる国にしたい

国力倍増論―もう大丈夫といわれる国にしたい

 

 

国力倍増論―もう大丈夫といわれる国にしたい
【目次】

第1章 ~序論 日本新秩序―日本の新たなストーリーを設計するー
第2章 アベノミクスは成功するか~次に来るべき「プランB」を考える~
第3章 どうする、日本の財政~消費税増税社会保障の国家選択~
第4章 高度情報社会と社会保障~国家基盤として必要な社会インフラの整備~
第5章 日本の新しい国づくり~世界の課題解決「三種の神器」~
第6章 繁栄の舞台を世界へ~黄金の国ジパング
第7章 新しい行政改革論~「官僚」の再設計~
第8章 国家再建を考える~新しい政治の軸と進化する保守~

 

 

松田学さんの政策への考え

 


これまでの日本の経済論として、「所得倍増論」「資産倍増論」など、多くの論文が本として出版されてきました。

 

しかし、現在の日本には「経済だけでなく国家の力を重視する」と考えられており、将来的にはこれまでのように国防力、人的資源、国際的な発信力だけでは不十分と言われています。


日本の国力を考える『松田学 (松田まなぶ)』さんの「国力倍増論」まとめ

 

f:id:Exchange:20180611100239j:plain

「もう大丈夫と言われる国にしたい」その論文を世に広める目的として、政治家『松田学 (松田まなぶ)』さんは「国力倍増論」を著書しました。


しかし、これは賛否両論な内容だと思われます。

けれどこの本を読んだ市場のレビューでは、「国会議員はこういった考えや分析が必要であり、また文章内容を読むのは実に簡単で分かりやすかった」という好評価も多く挙がっています。


松田学さんが書いた政治の論文だけでなく、松田さん自身も一人の政治家として世間から評価されているという事なのですね。

今後も松田学さんの活躍に期待したいですね。